スマートフォン解析

厄年に関する統計 厄年、厄除け、厄祓い情報サイト

厄年に関する統計

厄年に関する統計

 

 

「厄年なんて迷信だ」とか、「そんなのいまどき信じられない」という声も聞かれますが、はたして本当にそうでしょうか?

 

厄年に関する統計とは・・・

 

神社画像23

 

 

男性の40歳前後といえば、会社の中では管理職をされている方が多い年齢です。責任のある立場である上、上司と部下に挟まれて苦労される時期。
いっぽう女性の方は、既に結婚し、子供も生まれ、その子供も大分手の掛からなくなる頃ではないでしょうか。

 

男女とも40歳前後という年は、昔は寿命とされていた年であり、現代では人生の節目の年、つまり死への折り返し地点にあたるということ。
この年くらいになると体力や精神力の衰えをはっきりと感じられる年齢でもります。

 

厄年に関するこのような統計があります。

 

ある統計によると男性の大厄である42歳あたりでは、血管の病気や大腸がん、喉頭がんの発生率が非常に高いと言われています。
一方女性においては離婚率が最も高い年齢が厄年にあたる32歳前後という統計結果が出ています。

 

このことから、厄年(大厄)になる年齢というのは、今までとは違う体の変化が多い時期ということが言えます。

 

陰陽師

 


TOP 厄年について 厄年早見表 厄年の方へ 厄払いの方法