スマートフォン解析

厄祓いをする時期 厄年、厄除け、厄祓い情報サイト

厄祓いをする時期

厄払いをする時期は?

 

 

厄祓(やくばらい)いをする時期は?いつ厄祓いに行けばいいの?

 

神社画像17

 

厄払いをする時期は、正月になった時点で厄年の年齢になれば厄払いをすることが出来ます。
具体的な時期ついては、正月の松の内や節分にかけて神社に参拝される方が良いとされています。
しかし、現在では一年中お祓いは受けられるようです。

 

特に節分の日などは多くの人が厄払いに訪れますので、混雑をさけて別の日に祈祷されるのが良いかもしれません。
やはり正月の松の内(1月7日もしくは1月15日)までに、祓おいを受けられるのが一番良いと思います。
せっかくですので正月に初詣に行った際に厄祓いを受けられてはいかがでしょうか?

 

松の内(まつのうち)、節分(せつぶん/せちぶん)

松の内(まつのうち)とは

 

松の内とは、正月の松飾(門松)を付けておく期間のことです。

 

昔は、1月15日までを松の内としていたそうですが、最近では1月7日までとする地方も増えています。
具体的には、関東では1月7日までの大正月(おおしょうがつ)を松の内とし、関西では1月15日までの小正月(こしょうがつ)としてるように
地方によって異なるようです。

 

ではなぜ松の内までに厄払いをしたほうが良いのかいうと、松の内に飾る松飾は年神の依代(よりしろ)と考えられるからです。
すなわち、松飾り(門松)を飾っている期間は神様がいらっしゃるとされているので、
「その期間に厄を祓ってもらいましょう!」とうことです。

 

節分とは

 

節分とは、季節の節目のことを言います。各季節の始まりである立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指します。
いまでは(江戸時代以降)では、立春(2月4日)の前日である2月3日を節分とする場合がほとんどだと思いますが、
旧暦では、立春が一年の始まり(元旦)だったとされています。
つまり、2月3日の節分は、今で言うところの「大晦日(おおみそか)」にあたるわけです。

 

節分の日には、神社やお寺で「節分絵」「節分祭」や「厄除け祈願祭」などが行なわれますが、
これは、旧暦の大晦日にあたる2月3日に一年の厄を祓って新しい一年を迎えましょうという
古くからの風習が今に残っているんですね。

 

陰陽師

 

 


TOP 厄年について 厄年早見表 厄年の方へ 厄払いの方法